本文へスキップ







新しい絵の会  
…どの子にも表現する力と生きる喜びを…

新しい絵の会は、かって山本鼎らが提唱した「自由画教育」の主張や「生活つづり方」 
の運動などに共感し、日本の美術教育を真に民主的に発展させようとして発足しました。
 1959年に全国組 織として発足し「どの子にも表現する力と生きる喜びを」を掲げて研究を進めています。

 ◆小・中・高の教師だけでなく、保育園、幼稚園、障害児、塾経営に携わる方々をはじめとして、保護者・市民・学生のみなさん、さらに各分野の経験者や専門家との交流など、地域や公民館などに美術教育研究の根をおろすサークル活動を展開しています。 


会員は 個人加盟であり、絵の会をさまざまな面で支えていただける方になっていただいています。
会費は年間3000円です。(この中に「美術の教室」
<新しい絵の会責任編集・定価1500円・画像CD付き・トップページ参照>2冊
実技講座、春や冬の研究会参加費割引、絵の会の会報を4回お送りします。)

是非、あなたにも会員になっていただいて、一緒に研究を進めていただきたいと思います。

  
 ◆毎年夏には、全国研究大会を開催しています。基調提案・記念講演などのほかに、発達に 応じた分科会の実践研究や作品交流、特別講座や実技入門などを行っています。
 また、春と冬に研究会があります。具体的に「作品」という形に表れたものをもとに研究をすすめています。

  ◆全国各地にサークルがあり、地域に根付きながら活動してます。それぞれの教室での実践作品をもとに実技交流、研究を行っています。






◇新しい絵の会 月例会
 毎月、第3日曜日に東京神宮前隠田区民会館で1時30分~
 行っています。
 



各研究会などに参加希望する方は下記に連絡してください。
詳しいお尋ね、申込みは 事務局 三嶋眞人 宛
.

〒2510047神奈川県秦野市水神町5-26
☎ファックス 0463-82-5215


   mishima.m1511@gmail.com



















 









inserted by FC2 system